海水浴場が近くに

宇佐美

うさみ Usami
宇佐美駅
▲宇佐美駅駅舎《2005年9月10日撮影》

STATION PROFILE

細部の飾りに凝っています

宇佐美駅玄関柱
【写真1】玄関柱には刻み模様が見られるなど、細かいところまで凝っています。《2005年9月10日撮影》

網代を出ると、伊東線の列車は長大な宇佐美トンネルに入ります。これを抜けて町中に入ると、宇佐美駅に到着します。白壁の駅舎は、下りホーム(海側)に面して設けられています。駅舎の屋根にまでツタが延びていますが、白壁と緑のツタはあまり似合いません。

来宮や網代に比べてずいぶん開放的な印象を受けますが、これはファサードの格子模様がないためでしょうか。その一方で、玄関脇にはずいぶん立派な格子窓がありますが、心なしかアンバランスな印象を受けます。

玄関の庇を支える柱には刻み模様が入っており、また現在ではくすんでしまっているものの、かつては濃い朱色に近い色合いだったものと思われます。これは網代にも見られるデザインです。

跨線橋がなかなか物々しい

宇佐美駅跨線橋
【写真2】ずいぶん物々しい跨線橋が上下ホームを結んでいます。左手中ほどに見えるのが駅本屋。《2005年9月10日撮影》

交換可能な対向式ホーム2面2線から成る駅で、両ホームは跨線橋で結ばれています。この跨線橋はずいぶんと重厚なもので、後ろから見ると工場に設けられている重機か何かのようにも見えます。左右対称に鉄骨を組み合わせてマスゲームのような造形を見せる跨線橋が設置されたのがいつごろか定かではありませんが、当時としてはずいぶん豪勢に資材を用いたのではないでしょうか。なお、上りホーム中ほどには、駅員不在の時間帯のみ開放される無人改札口があり、Suica自動改札機が置かれています。

水飲み場が観光地仕様

水飲み場
【写真3】下りホームには水飲み場が用意されています。フェンスの向こう側には、丸ポストが見えます。《2005年9月10日撮影》

下りホームには観光客を意識した水飲み場があり、温泉地の最寄り駅であることがうかがえます。四面に設置されている鏡が、ちょっと小さな贅沢さを感じさせます。

網代と同様、駅正面から道路がまっすぐ延び、道路沿いに飲食店などが軒を連ねていますが、温泉街というよりは海水浴場への玄関口といった風情です。集落に近いせいか、伊東線内の中間駅では最も乗降客が多くなっています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1938年12月15日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年9月12日

このページの先頭へ