終着駅は立派な高架駅に

武蔵五日市

むさしいつかいち Musashiitsukaichi
武蔵五日市駅
▲武蔵五日市駅駅舎《2010年6月13日撮影》

STATION PROFILE

ホームは高架上に

武蔵増戸駅待合室
【写真1】上りホームには、年季の入った待合いスペースがあります。《2005年1月10日撮影》

五日市線の終着駅である武蔵五日市駅は、大きく新しい高架駅となっており、島式ホーム1面2線から成ります。

駅前広場も立派に整備されているが、駅前には人家はさほど多くはなく、路線バスを乗り継ぐハイキング客などを対象とした店舗がぽつぽつ建っている程度です。五日市の集落の中心部は、もう少し西に入ったところになります。

かつては落ち着いた木造駅舎でした

武蔵五日市駅旧駅舎
【写真2】武蔵五日市駅旧駅舎。《1996年3月5日撮影》

【写真2】は新駅供用開始前のもの旧駅舎で、背景に建設中の新駅舎がのぞいています。旧駅舎は駅前広場となり、今では跡形もありません。

なお、以前はここ武蔵五日市でスイッチバックを行い、北の武蔵岩井まで列車が走っていましたが、貨物輸送の衰退にあわせて廃止されています。五日市駅東側にやや広いスペースがあり、ここに当時の名残があります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1925年4月、五日市鉄道が開通した際に開業しました。

  • 【1925年4月21日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2014年5月31日(最終更新)

このページの先頭へ