駅前に工場が広がる駅

常陸多賀

ひたちたが Hitachitaga
常陸多賀駅
▲常陸多賀駅駅舎《2004年3月27日撮影》

STATION PROFILE

 

地上の対向式ホームを持つ駅で、立派な駅前広場が整備されている。東側には、日立多賀エレクトロニクスの工場が広がっている。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

日本鉄道開通時に「下孫」の駅名で開業。1906年11月1日に国有化されたのち、1939年10月1日に、隣の助川(現・日立)より一足早く現駅名に改称された。

  • 【1897年2月25日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2004年9月1日

このページの先頭へ