観梅期の下り列車だけが停車する駅

偕楽園

かいらくえん Kairakuen
偕楽園駅
▲偕楽園駅《2011年3月5日撮影》

STATION PROFILE

ホームは単式1面のみ

偕楽園駅ホーム
【写真1】偕楽園駅ホーム。《2011年3月5日撮影》

梅まつりの時期、具体的にはおおむね2月20日ごろから3月いっぱいまでのみ開設される臨時駅です。開設時には臨時窓口が設置され、きっぷの販売も行われます。なお非営業期間も、ホームはそのまま存置されています。

ホームは複線の下り線にのみ設けられており、このため下り列車のみが停車します。偕楽園から上野方面へ向かう場合は、いったん下り列車に乗って水戸へ出てから折り返し、上り列車に乗り換えることになります。この際水戸で下車しなければ、折り返し運賃は不要です。

停車列車 [2014年2月現在]

昼間時間帯の列車(一部の特急を含む)が停車します。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1925年2月2日】 開業。

周辺の見どころ

偕楽園

駅から、徒歩3分。コメント準備中。 [Google Map] [Mapion]

【WebSite】http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

2014年6月12日

このページの先頭へ