直流電化区間はここまで

取手

とりで Toride
取手駅
▲取手駅駅ビル《2007年6月23日撮影》

STATION PROFILE

取手止まりの列車が多数

取手駅西口より上野方を望む
【写真1】取手駅西口より上野方を望む。中央のスペースはかつての貨物駅跡。《2007年6月23日撮影》

茨城県に入って最初の常磐線駅である取手は、常磐線の特定電車区間の北限になっているとともに、直流電化区間の北限でもあります。ここから北は交流電化となる。東京への通勤圏はまだ北へと広がっていますが、この設備上の理由により、ここから運転本数がやや減少します。各駅停車(千代田線直通)はすべてここ止まりとなります。

駅ビルを併設した橋上駅舎になっています。関東鉄道常総線の乗換駅で、乗換専用改札口があります。

停車列車 [2014年5月現在]

特別快速が停車します。取手以北では、普通列車の停車区分はなくなります。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1-2.常磐線各駅停車上り 柏、綾瀬方面
  • 3-5.常磐線下り 水戸、いわき方面
  • 5-6.常磐線快速上り 柏、上野方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1896年12月25日】 開業。
  • 【1988年9月21日】 駅ビル「取手ボックス・ヒル」開業。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》関東鉄道-常総線

2014年6月11日(最終更新)

このページの先頭へ