温泉地への連絡駅

上毛高原

じょうもうこうげん Jomokogen
上毛高原駅
▲上毛高原駅駅舎《2005年10月23日撮影》

STATION PROFILE

 

上毛高原駅コンコース
【写真1】1階コンコースは新幹線標準仕様ともいうべきものですが、他の駅に比べてスペースにゆとりが感じられました。《2005年10月23日撮影》

高崎を出ると、上越新幹線はいよいよトンネルまたトンネルの区間となりますが、そのトンネルとトンネルの間にひょこっと設けられているような印象を与えるのが、上毛高原駅です。

相対式ホーム2面2線と、その内側に通過線2線が設けられている高架駅で、ホームは地上2階にあります。

改札およびコンコースは地上1階にあり、土産物屋やそば屋のカウンターなどがあります。

駅を出るとすぐ駅前広場が広がっているため、自動車、徒歩のいずれでもアクセスは容易です。もっとも、新幹線駅という性質上短距離客はいないため、徒歩でのアクセスを重視する必要はないともいえますが。駅前のロータリーにはタクシーや路線バスが多数停まっているほか、水上温泉やその周辺のスキー場などへ向かう観光客向けのレンタカー営業所が多く目立ちます。

旅客営業上は、選択乗車などの際には上越線後閑駅に対応するものとされています。通常、新幹線単独駅の場合は近接の主要駅が対応駅となるものですが(新横浜→横浜、岐阜羽島→岐阜、新岩国→岩国など)、ここでは距離上の最寄り駅が対応駅となっています。

停車列車

確認中。

乗り場

  • 1.上越新幹線 大宮、東京方面
  • 2.上越新幹線 長岡、新潟方面
  • /ul>

駅名の由来

現在の群馬県一帯を示す古称「上毛国(かみつけのくに)」を広域地名とし、スキーヤーなど観光客を意識して「高原」を付したものです。

歴史

上越新幹線の大宮-新潟間が開通した際に設けられた駅です。

  • 【1982年11月15日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年6月12日

このページの先頭へ