かつては貴賓室を持つ駅でした

武蔵高萩

むさしたかはぎ Musashitakahagi
武蔵高萩駅
▲武蔵高萩駅駅舎《2005年4月2日撮影》

STATION PROFILE

 

2面2線対向式ホームを持つ、小ざっぱりした橋上駅です。武家屋敷を連想させる装飾が施されています。

かつては、質実剛健ということばがふさわしい、重厚な駅舎で、戦時中には陸軍航空士官学校へ昭和天皇が行幸されたため、貴賓室まで設けられていました。現在の橋上駅舎には、旧駅舎の面影は感じられませんが、旧駅舎に揃えてデザインされたと思われるトイレが残っていました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1940年7月22日】 開業。
  • 【2005年3月20日】 橋上駅舎供用開始。

周辺の見どころ

確認中。

2005年7月6日

このページの先頭へ