棒線駅は無人駅

西川越

にしかわごえ Nishikawagoe
西川越駅
▲西川越駅正面《2005年4月2日撮影》

STATION PROFILE

 

西川越駅ホーム
【写真1】片面ホームのみのシンプルな駅。《2005年4月2日撮影》

片面ホーム1面1線から成る無人駅です。

コンパクトな建物があり、ベージュ色ベースに改装されていますが、完全にシャッターが降りており、まったく使われていないもようです。通常、無人化された駅に駅舎が残っている場合、待合室として利用されるものですが、西川越ではこの建物の脇を通ってホームに出入りするようになっており、駅舎には入れなくなっています。こんな状態なので、この建物を「駅舎」と呼ぶのは無理でしょう。

 

西川越出入口
【写真2】無人駅であることが前提となっており、簡易Suica改札がポツンと置かれているのみです。《2005年4月2日撮影》

駅正面には小さなロータリーがあり、その南側の道路を車が頻繁に走っています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1940年7月22日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年7月6日

このページの先頭へ