民家の裏手にポツンとたたずむ駅

俵田

たわらだ Tawarada
俵田駅
▲俵田駅《2007年1月14日撮影》

STATION PROFILE

1面1線のみの棒線駅

俵田駅ホーム
【写真1】俵田駅ホーム。《2007年1月14日撮影》

片面1線のみの小さな無人駅です。

ホームにはコンパクトな屋根のある待合スペースがあるだけで、駅舎はありません。それでも、ホームの幅は比較的ゆったりとしています。

駅はいささかわかりにくい場所に

俵田駅への入口
【写真2】一応、駅へのアプローチ。かつては駅舎があったものと思われますが、現在は写真中ほど右側の階段はふさがれており、中ほど左側から裏に回ってホームへ出ることになります。《2007年1月14日撮影》

ホームからの出口は2個所ありますが、いずれもごく狭い路地を通って道路へ通じる形になっています。駅の西側には小集落が形成されているため、平行する国道410号線からは駅がなかなかわかりにくく、かといって商店街などが形成されているわけでもないため、国道をクルマで走っていると駅を認識するのは困難です。国道410号線沿いには、郊外型店舗が立地しています。

ホームの背後には民家がありますが、反対側は一面の水田となっています。

駅名の由来

駅周辺の地名からとられた駅名ですが、俵田の地名の由来についてはよくわかりません。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1921年7月10日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2007年1月19日

このページの先頭へ