ガス橋の近くに

平間

ひらま
Hirama
平間駅
▲平間駅駅舎《2005年3月19日撮影》

対向式2面2線から成る地平駅。堂々とした玄関柱を持つ、兜のような木造モルタルの駅舎です。赤い瓦屋根をかかげていますが、駅前の道路が立て込んでいるため、瓦は見えにくくなっています。用地の確保が困難だったのか、非常に狭いスペースに横長の駅舎が張り付いており、なんとも窮屈ではあります。柱の上には細かい装飾が見られるなど、意外なところに遊び心が見受けられます。

駅前は庶民的な商店街となっています。駅北側の道路を東へ進むと、多摩川を「ガス橋」で渡ります。この橋は、東京ガスが鶴見製造所にて製造したガスを東京側に供給するために作られたものです。

停車列車 [2014年4月現在]

快速は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1927年3月、停留場として開業しました。南武鉄道が国有化された1944年4月1日、停車場となっています。開業以来一貫して、旅客のみを扱っています。

周辺の見どころ

確認中。

【南武線】 川崎尻手矢向鹿島田平間向河原武蔵小杉武蔵中原武蔵新城武蔵溝ノ口津田山久地宿河原登戸中野島稲田堤矢野口稲城長沼南多摩府中本町分倍河原西府谷保矢川西国立立川

2005年7月1日

▲ このページの先頭へ ▲