ステンドグラスが印象的

向河原

むかいがわら
Mukaigawara
向河原駅
▲向河原駅駅舎《2005年3月19日撮影》
向河原駅駅舎のステンドグラス
【写真1】軒下にはステンドグラスがはめこまれています。《2005年3月19日撮影》

対向式2面2線から成る地平駅で、上り立川方に駅舎があります。駅舎の玄関は木訥なものに見えますが、軒下にはステンドグラスがはめ込まれており、ホーム支柱の格好もなかなかのもので、細かい造形に凝っている駅です。上下ホームは跨線橋で連絡しています。

西側にはNECの工場があり、朝ラッシュ時には、下り立川方に専用の専用出口が開かれます。この先で南武線は、西(左)へと大きくカーブを切ります。

停車列車 [2014年4月現在]

快速は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

川崎-登戸が開業した際に開設された駅です。1940年8月5日に「日本電気前(にっぽんでんきまえ)」と改称されましたが、国有化された1944年4月1日に元の向河原に復しています。貨物営業は1973年1月31日かぎりで廃止されています。

周辺の見どころ

確認中。

【南武線】 川崎尻手矢向鹿島田平間向河原武蔵小杉武蔵中原武蔵新城武蔵溝ノ口津田山久地宿河原登戸中野島稲田堤矢野口稲城長沼南多摩府中本町分倍河原西府谷保矢川西国立立川

2005年7月1日

▲ このページの先頭へ ▲