個人商店のような独特な駅舎

津田山

つだやま
Tsudayama
津田山駅
▲津田山駅駅舎《2005年3月19日撮影》

島式1面2線から成る地平駅です。駅前は狭く、線路に面した道路がややや広がっているのみです。現在は上下ホームを跨線橋で結んでいますが、かつての構内踏切の跡が確認できます。

赤いスレート屋根と、何とも形容しがたい不思議な玄関を持つ駅舎が、周囲の住宅にとけ込んでおり、武蔵小杉以南とは違って、落ち着いた雰囲気になっています。

停車列車 [2014年4月現在]

快速は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1941年2月5日、「日本ヒューム前」という駅名で、停留場として開設されました。1943年4月9日に停車場に昇格しています。国有化された1944年4月1日、現在の「津田山」に改称されました。

周辺の見どころ

確認中。

【南武線】 川崎尻手矢向鹿島田平間向河原武蔵小杉武蔵中原武蔵新城武蔵溝ノ口津田山久地宿河原登戸中野島稲田堤矢野口稲城長沼南多摩府中本町分倍河原西府谷保矢川西国立立川

2005年7月1日

▲ このページの先頭へ ▲