側線が構内に広がります

矢向

やこう
Yako
矢向駅
▲矢向駅駅舎《2005年3月19日撮影》
矢向駅留置線
【写真1】矢向駅上りホームからは、留置線がよく見えます。《2005年3月19日撮影》

地平の駅舎と、2面3線を基本とした配線になっています。改築を重ねているものの、古くからの駅舎がそのまま使われています。乗降客が多く賑やかではありますが、どことなく時代が止まったような印象を受けます。

駅前は商店街で、人の出入りは活発ですが、やはり駅にあわせたかのように、高度成長期の日本の風景がそこかしこに感じられるような町並みがあります。

駅の東側には、かつて矢向電車区がありましたが、現在は廃止され、単なる留置線となっています。

停車列車 [2014年4月現在]

快速は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

南武鉄道が開通した際に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【南武線】 川崎尻手矢向鹿島田平間向河原武蔵小杉武蔵中原武蔵新城武蔵溝ノ口津田山久地宿河原登戸中野島稲田堤矢野口稲城長沼南多摩府中本町分倍河原西府谷保矢川西国立立川

2005年7月1日

▲ このページの先頭へ ▲