横浜スタジアムへの最寄り駅

関内

かんない Kannai
関内駅
▲関内駅南口《2004年11月5日撮影》

STATION PROFILE

かつては川の上にありました

桜木町から関内にかけての区間は、用地難のため川の上に線路を敷設したことで有名でしたが、今ではこの川も埋め立てられ、開通時の面影はなくなっています。その関内は、相対式ホーム2面2線から成る高架上の駅で、出口は南北に1個所ずつ設けられています。

メイン出口は南口で、横浜市役所がすぐ近くにあるほか、横浜スタジアムも近い。北口は、地下鉄関内駅に通じる地下道につながっているほか、伊勢佐木町にある「松坂屋」の最寄り出口にもなっています。駅周辺は、官庁やオフィスビルが建ち並んでおり、生活臭に乏しい駅でもあります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

「関内」という地名は、横浜開港場を取り囲む掘へ出入りする橋の部分に関が設けられ、その内側を指すことからついたといわれています。

歴史

根岸線開通時に開業した駅で、開業当初から高架駅でした。

  • 【1964年5月19日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》横浜市-1号線

2014年5月15日(最終更新)

このページの先頭へ