台のつく駅がこの先続きます

洋光台

ようこうだい Yokodai
洋光台駅
▲洋光台駅駅舎《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

ホームは切り通しの中に

洋光台駅ホーム
【写真1】洋光台駅ホーム。《2006年5月6日撮影》

切り通しに島式ホーム1面2線が設けられている駅です。

改札は地上と同じ高さにありますが、ホームから見ると橋上駅舎のようにも見えます。改札の正面には、シウマイの「崎陽軒」など売店が並んでいます。その裏には、線路をオーバークロスする道路が横切っており、これを取り巻くように高層住宅が建ち並んでいます。

ここから、洋光台、港南台、本郷台と“台”の付く駅が連続します。いずれも、根岸線開業後に開発された新興住宅地で、在来の地名とは直接関係なく命名されたものです。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1970年3月、磯子からこの洋光台までが開通しました。洋光台-大船開業をもって根岸線が全通した1973年4月9日に中間駅となり、現在にいたっています。開業当初から旅客のみの扱いでした。

  • 【1970年3月17日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2006年6月1日

このページの先頭へ