大きな駅前広場と立派な駅舎を構える

今市

いまいち Imaichi
今市駅
▲今市駅駅舎《2005年4月3日撮影》

STATION PROFILE

島式ホーム1面2線のみが使われています

大きな駅前広場と立派な横長駅舎を備えた、日光線の中間駅では随一の規模を誇る駅です。島式ホーム1面2線から成り、駅本屋は跨線橋をわたって北側にあります。

駅舎は木造モルタルで、中央部が低く、左側の事務室部分と右側の荷物扱い部分(現在はガランとしています)が高いという、少しちぐはぐな形になっています。低い中央部の左側がコンコースで、みどりの窓口や自動券売機があるほか、小なりといえどちゃんとした待合室が用意されているのは、やはり旧国鉄の駅というべきでしょうか。ただし、駅舎があまりにも長すぎるうえ、送迎用の屋根が整備されたこともあって、前面が散漫な印象が否定できません。

今市市街の南側に位置しており、駅前はきれいに整備され店舗がぽつぽつ建ち観光拠点としての体裁を整えつつあるものの、市街地の中心部は東武日光線の下今市駅付近で、JRの今市駅はひっそりとしています。駅前の道路をまっすぐ進むと、8分ほどで下今市駅に出ることができます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

日本鉄道の手によって、宇都宮から日光にいたる鉄道の暫定終着駅として1890年6月に開業しました。日光まで延長されたのは、2か月後の同年8月1日のことです。

  • 【1890年6月1日】 開業。

周辺の見どころ

今市市歴史民俗資料館【未訪】

コメント準備中。

2005年10月7日(最終更新)

このページの先頭へ