駅舎は簡素な物に

下野大沢

しもつけおおさわ Shimotsukeosawa
下野大沢駅
▲下野大沢駅《2005年4月3日撮影》

STATION PROFILE

交換可能駅が続きます

下野大沢駅ホーム
【写真1】小ぎれいに整備された対向式ホームには、日光線内の他の駅に見られるような重厚さはなく、ホームの長さのみが歴史を物語っています。《2005年4月3日撮影》

相対式2面2線から成る地上駅で、有人駅です。かつては、下り線は島式で、3線だったと思われます。上下ホームは跨線橋で連絡しています。

上り線側に、ごく簡素な駅舎が設けられており、駅前に整備されたロータリーに接しています。このロータリーは平行道路と直結しており、周辺から自動車で送迎するには便利。駅舎にかぎらず、アクリル板などを活用した簡素な設備が多く見られ、古い設備がたくさん並ぶ駅の多い日光線の中では、異色の存在といったところでしょうか。

駅周辺には、畑と住宅が混在しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業当初は「しもずけおおさわ」(旧かなでは「しもづけ~」)と読まれていました。1990年12月1日に、現在の読み方に変更されています。

  • 【1929年11月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年6月23日

このページの先頭へ