円筒形の橋上駅舎が目を引く

昭島

あきしま
Akishima
昭島駅
昭島駅駅舎。2003年11月16日

シンプルな構造の駅

昭島駅ホーム
写真1昭島駅ホーム。2003年11月16日

島式ホーム1面2線の上に橋上駅舎を設けています。昭和飛行機工業への通勤輸送を目的として設置された駅で、貨物営業を行っていた当時の名残と思われる側線がありますが、現在では全く使われていないようです。

駅南側には商店街が形成されています。一方北側は、かつての工場地域が再整備されて大規模なショッピングセンターが立地しています。

停車列車 [2020年5月現在]

快速系の電車が停車します。なお、週末運行の「ホリデー快速おくたま/あきがわ」は通過します。

  • 青梅特快快速普通 中神昭島拝島

乗り場

南側から順に1番線、2番線となります。

  • 1.青梅線下り 拝島、青梅方面
  • 2.青梅線上り 立川、新宿方面

駅名の由来

昭島市の中心部に位置することによります。昭島は、和町と拝村が合併した際に一文字ずつ取られた合成地名です。

歴史

戦時色が強まる中、昭和飛行機工場への通勤用として1938年1月25日に設置された昭和前仮停留場に由来します。この仮停留場は同工場の正門前にありましたが、38年末に中神方面に移設の上正式な駅に昇格し、1959年10月1日に昭島と改称しました。

略年表(クリックまたはタップで開閉)
1938年(昭和13年)1月25日
青梅電気鉄道・中神-拝島間に、「昭和前(しょうわまえ)」仮停留場開業。
1938年(昭和13年)12月25日
停車場に格上げ。
1944年(昭和19年)4月1日
青梅電気鉄道の国有化に伴い、国有鉄道(運輸通信省)青梅線の駅となります。
1959年(昭和34年)10月1日
駅名を「昭島」に変更。
1970年(昭和45年)12月31日
この日限りで貨物営業廃止。
1987年(昭和62年)4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

駅周辺

確認中。

近隣の見どころ

拝島大師 本覚院

駅南口から南西へ、徒歩20分。コメント準備中。

このページの先頭へ