あまりぱっとしない高架駅

桐生

きりゅう Kiryū
桐生駅
▲桐生駅北口《2008年4月5日撮影》

高架下はがらんと

桐生駅改札口
【写真1】桐生駅改札口。《2008年4月5日撮影》

絹織物で名高い桐生市の玄関駅ですが、現在の駅は特にこれといった特色のない高架駅に収まっています。島式ホーム2面4線から成ります。

駅高架下はかつて商店などが入っていたようですが、出入口から改札口までの間にはテナントがほとんど入らず、キヨスクと立ち食いそば程度しかありません。

第3セクターとして分離されたわたらせ渓谷鉄道が分岐しますが、しばらくの間は両毛線と線路を共用しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1888年11月5日
開業。
1984年8月23日
高架下の駅舎供用開始[1]
1985年10月6日
高架化完成[2]
2011年3月11日
東日本大震災が発生、両毛線の多くの区間が運休。
2011年3月29日
両毛線・桐生-伊勢崎間が復旧、運転再開。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、No.440(1984年12月号)、90ページ。
  2. 『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、No.459(1986年2月号)、90ページ。

このページの先頭へ