国定忠治の墓が近くに

国定

くにさだ Kunisada
国定駅
▲国定駅駅舎《2014年4月7日撮影》

STATION PROFILE

古い木造駅舎が残る

国定駅ホーム
【写真1】国定駅ホーム。奥に見えるのは南北自由通路です。《2014年4月7日撮影》

上州が産んだ任侠である国定忠治の出身地として知られる国定には、昔ながらの古い木造駅舎がそのままに使われています。玄関部分の増築や窓枠のアルミサッシ化など改修は施されていますが、切妻屋根にぐるりとまわる大ひさしなどはそのままです。

駅は岩宿と同様に2面3線の交換可能な配線になっています。跨線橋は駅の前橋方にあり、反対側には南北自由通路が設けられています。このパターンは橋上駅舎化される典型的な例ともいえるため、この駅舎もいつまで持つか気がかりではあります。

駅周辺には集積拠点はなく

国定駅駅舎内
【写真2】国定駅駅舎内。《2014年4月7日撮影》

駅は旧東村の玄関駅ですが、駅前に商店街が形成されているわけではなく、住宅と畑がぱらぱらと並んでいるという状態です。利用者の多くも自転車の利用や自動車での送迎のようでした。

乗り場

北側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

  • 1.両毛線上り 桐生、小山方面
  • 2.両毛線下り 前橋、新前橋方面
  • 3.両毛線下り 前橋、新前橋方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1889年11月20日】 両毛鉄道の桐生-前橋間が開業した際、国定駅開業。当初は旅客のみの取り扱いでした。
  • 【1897年1月1日】 両毛鉄道が日本鉄道に譲渡され、同社の駅となります。
  • 【1906年11月1日】 日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
  • 【1910年8月11日】 貨物営業開始。
  • 【1961年9月1日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

国定忠治の墓

駅から東へ、徒歩12分。江戸時代後期の侠客である国定忠治を葬った墓。全体が丸くなっているのは、忠治の墓の欠片を身につけると金運に恵まれるという言い伝えがあり、参拝者が次々に墓石を削ったためだとか。参拝自由。 [Google Map] [Mapion]

2014年6月19日

このページの先頭へ