かつての対向ホームの跡がよく残る

大平下

おおひらした Ōhirashita
大平下駅
▲大平下駅駅舎《2014年4月7日撮影》

現在では1面1線のみです

大平下駅ホーム
【写真1】大平下駅ホーム。向かい側ホーム跡上の架線はまだ残っています。《2014年4月7日撮影》

栃木の市街地を過ぎると畑作地帯を進み、ほどなく大平下駅に到着します。

片面ホーム1面1線のみの駅です。かつては列車交換が可能で、向かい側にはかつてのホームが残っていますが、今ではうち捨てられています。

駅自体も無人化されており、駅舎は残っているものの、移動可能な自動券売機とSuica簡易改札機が置かれているのみで、がらんとしています。

かつての跨線橋の跡が

跨線橋の痕跡
【写真2】跨線橋の痕跡。《2014年4月7日撮影》

駅前の富田バイパスの通行量が多いこともあり、いささかにぎやかな一帯になっています。駅周辺はブドウ畑が多く、観光ブドウ園も見られます。

東武日光線の新大平下駅とは800メートルほど離れており、徒歩連絡が一応可能な距離ではあります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1895年3月18日
両毛鉄道の栃木-岩船(現、岩舟)間に、富山駅開業。
1897年1月1日
両毛鉄道が日本鉄道に譲渡され、同社の駅となります。
1906年11月1日
日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
1918年10月16日
駅名を「大平下」に変更。
1972年6月30日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ