ブロックを重ねたような駅舎が迎える

小俣

おまた Omata
小俣駅
▲小俣駅駅舎《2008年4月5日撮影》

STATION PROFILE

無人駅ながら臨時の駅員配置が可能

小俣駅構内
【写真1】小俣駅構内。《2008年4月5日撮影》

栃木県で一番西側に位置する駅である小俣駅は、島式ホーム1面2線から成る地平駅で、このほか北側に側線が残っています。

無人駅ですが、駅舎の構造上駅員を配置することは可能で、臨時改札などが行われそうな雰囲気です。駅舎内には移動式の券売機がポツンと置かれていました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1889年10月10日】 両毛鉄道の足利(当時は山前駅未設置)-桐生間に、小俣駅開業。
  • 【1897年1月1日】 両毛鉄道が日本鉄道に譲渡され、同社の駅となります。
  • 【1906年11月1日】 日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
  • 【1961年8月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月18日

このページの先頭へ