これは橋上駅舎と呼んでよいのか

思川

おもいがわ Omoigawa
思川駅
▲思川駅ホーム《2014年4月7日撮影》

STATION PROFILE

跨線橋の上に券売機が

橋上駅舎?の中
【写真1】橋上駅舎?の中。《2014年4月7日撮影》

水田と住宅が混在している中に、島式ホーム1面2線が設けられている駅で、列車交換が可能です。ホームの中ほどには古めかしい待合室があります。

ホームから駅の外に出るには、跨線橋を上り下りすることになります。しかしこの思川駅は無人化されており、現在は駅員の詰め所となるようなスペースさえまったくありません。わずかに、跨線橋を登り切った先に、自動券売機やSuica簡易自動改札機が置かれているものです。果たしてこれを「橋上駅舎」と呼んでよいのか、苦しみます。

かつての駅舎跡地には無関係の施設が

南口駅前風景
【写真2】南口駅前風景。《2014年4月7日撮影》

かつて駅本屋があったと思われる場所には、地元の商工会事務所が建っています。乗車券類の委託販売なども行っておらず、わずかに待合室スペースを開放しているにすぎないため、もはや駅舎と呼べる施設ではありません。

駅前広場の脇には農協が立地しており、駅近くの農業倉庫は、かつてこの駅が農作物の搬送に大きな役割を果たしていたことを思い起こさせます。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.両毛線下り 桐生、新前橋方面
  • 2.両毛線上り 小山方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1911年4月10日】 国有鉄道(内閣鉄道院)両毛線の小山-栃木間に、思川駅開業。
  • 【1961年8月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月17日

このページの先頭へ