すっきりした直線状の駅舎が建つ

富田

とみた Tomita
富田駅
▲富田駅駅舎《2014年4月7日撮影》

STATION PROFILE

ホームは相対式2面2線

富田駅ホーム
【写真1】富田駅ホーム。《2014年4月7日撮影》

足利市の郊外にある富田駅は、相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅で、両ホームは跨線橋で結ばれています。上りホームはかつては島式で、外側線を撤去したように見受けられました。

コンパクトな駅舎が設けられています。駅舎の中には委託と思われる係員がいました。

駅からほど近い場所に白鴎大足利高校があり、同校の生徒が多く利用しているようです。

乗り場

南側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.両毛線下り 桐生、新前橋方面
  • 2.両毛線上り 栃木、小山方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1893年2月18日】 両毛鉄道の佐野-足利間に、富田駅開業。
  • 【1897年1月1日】 両毛鉄道が日本鉄道に譲渡され、同社の駅となります。
  • 【1906年11月1日】 日本鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
  • 【1961年8月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

栗田美術館【未訪】

駅から北西へ、徒歩10分。伊万里および鍋島に絞った陶磁器を収蔵する美術館。月休、1,250円。 [Google Map] [Mapion]

【WebSite】http://www.kurita.or.jp/

2014年6月18日

このページの先頭へ