シンプルなコンクリート駅舎

倉見

くらみ Kurami
倉見駅
▲倉見駅駅舎《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

まさに箱のような駅舎

倉見駅駅舎
【写真1】駅舎はほぼ直方体になっています。駅前には自転車がびっしり。《2006年5月6日撮影》

島式ホーム1面2線から成る地平駅で、ホーム東側にある駅本屋とは、橋本方にある跨線橋で連絡しています。JR東日本の直営駅ですが「みどりの窓口」はありません。改札内には、小さな池とタヌキの置物がありました。

駅舎は鉄筋コンクリート造り平屋建てのものですが、これは相模鉄道時代、沿線に豊富だった砂利を用いてつくられたものとされます。軒のないシンプルな構成で、玄関のアーチや長方形の側窓に特徴があります。関東大震災の直後、耐火構造の建築物としてこの様式が採用されたとのこと。

ホームはシンプルなもの

倉見駅ホーム
【写真2】倉見駅ホーム。《2006年5月6日撮影》

駅前には自転車がびっしりと並んでおり、駅から少し離れたところを南北に道路が走っています。出口は駅本屋のある東側のみで、西側は水路脇の草地となっています。

ホームはごくシンプルなもので、これといった特徴はありません。

すぐ南側に東海道新幹線が

倉見駅南側
【写真3】倉見駅のすぐ南側には東海道新幹線が横切っています。《2006年5月6日撮影》

駅のすぐ南側を東海道新幹線が横切っており、地元では同線の新駅設置運動が起きています。もっとも、JR東海が新駅設置に対して否定的であることに加え、相模地区でも自治体によって温度差が大きいことから、現状では新駅設置は望み薄と思われます。

駅の周辺は工業地域で、北側には日鉱金属、東側にはキリンビバレッジの工場があります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1926年4月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2006年6月9日(最終更新)

このページの先頭へ