シックなカラーリングの橋上駅舎

寒川

さむかわ Samukawa
寒川駅
▲寒川駅南口《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

設備面はなかなかのもの

寒川駅駅舎
【写真1】寒川駅駅舎。《2006年5月6日撮影》

茅ヶ崎市から続く相模川沿岸下流の工業地域を形成する寒川町の玄関駅です。駅は寒川町の中心部からやや南に離れた位置にあり、繁華街は形成されておらず、駅の周辺は平屋の住宅が多く並んでいます。

島式ホーム1面2線と橋上駅舎から成りますが、駅舎は寒川神社を意識したのか、直線のダークグリーン屋根、壁面と支柱のカラーリングコントラストなど、全体的にバランスが取れたデザインになっていると感じます。橋上駅舎はとかく無味乾燥なものになりがちですが、少なくとも外見は、非常にスマートな駅に仕上がっています。駅舎内には「みどりの窓口」があり、自動改札機も設置されていますが、キヨスクは廃業していました。

ホームは相模線の他の駅と同様、ぴったり4両ぶんしかありませんが、全体に屋根が設置されています。かつては側線が多く残っていましたが、その多くは撤去されています。

廃線跡地がはっきり見えます

橋本方遠望
【写真2】橋上駅舎から橋本方面を望む。旧西寒川支線の跡がよくわかります。《2006年5月6日撮影》

出口は、町役場などへ通じる東口と、一之宮八幡宮や文化福祉会館などへ通じる西口があり、それぞれ駅前に個人商店やコンビニエンスストアなどが数軒あるほかは、おおむね住宅のみが並びます。西口を出てすぐのところには自転車駐輪場が整備されています。

以前は、ここから西寒川まで支線が延びていましたが、この支線は1984年3月31日かぎりで廃止されました。橋上駅舎から北西側を見ると、この廃線跡が現在でもくっきりと見て取ることができ、今なお空き地が点々と残っています。なお、かつての西寒川駅跡地は、現在「八角広場」なる公園として整備されています。

なお、寒川神社の最寄り駅は、ひとつ橋本側にある宮山駅です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1921年9月28日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2006年6月9日(最終更新)

このページの先頭へ