駅移転後の代替措置として作られた駅

西松井田

にしまついだ Nishimatsuida
西松井田駅
▲西松井田駅《2011年12月30日撮影》

STATION PROFILE

急な斜面の上にある駅

西松井田駅ホーム
【写真1】西松井田駅ホーム。《2011年12月30日撮影》

島式ホーム1面2線の上に、小さめの橋上駅舎が載るという、コンパクトな駅です。勾配に強い電車が中心になってから設けられた駅ということもあり、なかなか急な斜面の上に設けられています。

小さな橋上駅舎

西松井田駅駅舎内
【写真2】西松井田駅駅舎内。《2011年12月30日撮影》

駅舎は必要最小限の機能のみを入れ込んだという形です。窓口営業は行われていますが、売店等はありません。

旧松井田町の中心部に近い

跨線橋より高崎方面を望む
【写真3】跨線橋より高崎方面を望む。《2011年12月30日撮影》

駅から安中市役所松井田支所が近いほか、松井田駅よりも旧松井田町の中心に近い駅です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

信越本線の複線電化にあたり、スイッチバック駅であった松井田駅が平坦地に移転したのち、旧松井田町の中心近くのアクセス駅として新設されま した。開業当初は横川発着の電車しか停車しませんでしたが、のちに全普通列車が停車するようになりました。

  • 【1965年4月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月23日

このページの先頭へ