町の中心駅は高架に

茂原

もばら Mobara
茂原駅
▲茂原駅南口《2014年4月10日撮影》

高架上に島式2面4線

茂原駅ホーム
【写真1】茂原駅ホーム。《2014年4月10日撮影》

茂原市の中心に位置している高架駅で、特急「わかしお」を含む全列車が停車する主要駅でもあります。

高架上に島式ホーム2面4線が設けられており、この駅で折り返す列車も設定されています。

高架下に改札口

茂原駅改札口
【写真2】茂原駅改札口。《2014年4月10日撮影》

改札口は高架下の1カ所のみですが、出口は駅の南北にそれぞれ通じており、自由に行き来することができます。特に南口には大型商業施設なども立地しており、町の顔らしい雰囲気があります。

茂原は天然ガス産出日本一の町として知られ、それを示すかのように、高架線からはガスタンクが見えます。

停車列車 [2014年4月現在]

全列車が停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1-2.外房線上り 大網、千葉方面
  • 3-4.外房線下り 上総一ノ宮、安房鴨川方面

駅名の由来

確認中。

歴史

房総鉄道開業時に設置された駅です。

1897年4月17日
房総鉄道の大網-一ノ宮(現、上総一ノ宮)間が開業した際、茂原駅開業。
1907年9月1日
房総鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省帝国鉄道庁)の駅となります。
1981年11月30日
この日かぎりで貨物営業廃止、貨物機能を新茂原駅へ移転。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
1987年10月27日
高架化。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ