駅の周辺は傾斜地形

常陸津田

ひたちつだ Hitachitsuda
常陸津田駅
▲常陸津田駅ホーム《2004年3月28日撮影》

STATION PROFILE

 

片面ホームのみの無人駅。駅は傾斜地上に位置しており、土地の高い東側は宅地に、低い西側は水田になっています。駅の南側を狭い道路が走り、急な坂でこの両者を結んでいます。ホームはカーブを描いており、駅舎の痕跡はありません。

駅名の由来

確認中。

歴史

営業開始時から旅客のみの扱いで、おそらく当初から無人だったものと思われる。1944年11月11日から1953年1月31日まで、旅客営業が休止されていた。

  • 【1935年9月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2004年8月26日

このページの先頭へ