端正な木造駅舎が健在

下菅谷

しもすがや Shimosugaya
下菅谷駅
▲下菅谷駅玄関《2004年3月28日撮影》

STATION PROFILE

 

下菅谷駅構内
【写真1】青地に白字の駅名標が貫禄を示しています。《2004年3月28日撮影》

2面2線の長大なホームと、年季の入った木造の駅舎を擁する駅。下りホームに接する駅舎は白壁タイプで、地方の主要駅によく見られたスタイルのもの。玄関には駅名の入った木の看板が掲げられています。無人化されていますが、改札口付近にはプランターが設置されるなど、地元で大切に使われている様子がうかがえます。水郡線の無人駅では、駅舎はなきに等しい状態になっているケースが多いだけに、いつまで持つか心許ないのが残念ではあります。

上下両ホームは跨線橋で連絡しています。上りホームの中ほどには古びた待合室があり、これまたいい味を出しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

水戸鉄道開業当初からの駅で、1927年12月1日に国有化されています。貨物営業は1962年11月19日かぎりで廃止。

  • 【1897年11月16日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2004年8月26日

このページの先頭へ