川を横断する駅

北赤羽

きたあかばね Kitaakabane
北赤羽駅
▲北赤羽駅赤羽口《2005年3月19日撮影》

STATION PROFILE

川の両側に出口が

北赤羽駅舟渡口
【写真1】北赤羽駅舟渡口。《2005年3月19日撮影》

島式ホーム1面2線から成る高架駅で、新河岸川を横断する形で設置されています。駅の東口は「赤羽口」、西口は「舟渡口」となっています。

ホームは舟渡橋と平行しています。

駅は傾斜上にあり、赤羽口はさほど高くないものの、舟渡口には長大なエスカレータが設置されています。

駅の周辺は住宅地になっています。

停車列車 [2014年4月現在]

快速は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

埼京線・池袋-大宮間が開通した際に開業しました。

  • 【1985年9月30日】 開業。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2005年9月22日

このページの先頭へ