北関東の鉄道の要衝

小山

おやま Oyama
小山駅
▲小山駅西口《2008年4月5日撮影》

STATION PROFILE

4方向に伸びる線路が集まる駅

小山駅コンコース
【写真1】小山駅コンコース。《2012年3月25日撮影》

東北本線と水戸線、両毛線との乗換駅で、東北新幹線も停車する、交通の要衝です。

新幹線高架下にホームが

小山駅東北本線ホーム
【写真2】小山駅東北本線ホーム。《2008年4月5日撮影》

在来線はいずれも地平に島式ホームを持ち、東北本線が2面4線、水戸線が1面2線、両毛線が1面2線ですが、このうち両毛線のみが北西側にやや離れた位置にあり、すぐ上を新幹線が通ることもあって暗くなっています。

東口も開発進行中

小山駅東口
【写真3】小山駅東口。《2012年9月2日撮影》

メインとなっているのは西口ですが、東口側も開発が進んでおり、自動車が頻繁に発着しています。

停車列車

確認中。

乗り場

基本的に西側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1.東北新幹線下り 仙台、盛岡方面
  • 4.東北新幹線上り 大宮、東京方面
  • 6.両毛線下り 足利、新前橋方面
  • 8.両毛線下り 足利、新前橋方面
  • 9-10.東北本線下り 宇都宮、黒磯方面
  • 12-13.東北本線上り 大宮、上野方面
  • 15-16.水戸線下り 下館、友部方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1885年7月16日】 日本鉄道によって中田仮停車場(現在は廃止)-宇都宮間が開通し、小山駅開業。
  • 【1885年8月14日】 一般運輸営業開始。
  • 【1888年5月22日】 両毛鉄道の小山-足利間が開通、日本鉄道小山駅に乗り入れて小山駅開業。
  • 【1889年1月16日】 水戸鉄道の小山-水戸間が開通、日本鉄道小山駅に乗り入れて小山駅開業。
  • 【1892年3月1日】 水戸鉄道が日本鉄道に譲渡されます。
  • 【1897年1月1日】 両毛鉄道が日本鉄道に譲渡されます。
  • 【1906年11月1日】 日本鉄道が国有化され、官設鉄道の駅となります。
  • 【1982年6月23日】 東北新幹線の大宮-盛岡間開通時に駅設置。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本およびJR貨物の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年6月8日(最終更新)

このページの先頭へ