高架化で変貌した埼玉県の中心駅

浦和

うらわ Urawa
浦和駅
▲浦和駅《2007年9月2日撮影》

停車する列車が増加傾向に

埼玉県庁やさいたま市役所が立地する、さいたま市の中核に位置するのが浦和駅です。島式ホーム3面6線から成り、かつては京浜東北線のみが停車していた駅ですが、現在では東北本線や湘南新宿ラインの列車も大半が停車します。

改札口は地下に1カ所設けられ、西口と東口の2つの出口につながっています。2014年2月現在、高架化工事が進められており、現在では上の写真の光景も過去のものになっていると思われます。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

詳細は確認中。

1883年7月28日
開業。
1982年11月15日
中距離列車が終日停車。
2013年3月16日
湘南新宿ラインおよびJR・東武直通特急の全列車が停車[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR東日本プレスリリース「2013年3月ダイヤ改正について」[PDF] (2012年12月21日)。

このページの先頭へ