湘南の東の玄関口

藤沢

ふじさわ Fujisawa
藤沢駅
▲藤沢駅北口《2004年11月5日撮影》

STATION PROFILE

各方面にペデストリアンデッキが伸びる

藤沢駅売店
【写真1】藤沢駅売店。《2006年5月6日撮影》

島式ホームと橋上駅舎を持ち、コンコースは2階に設けられています。

北側と南側にはそれぞれペデステリアンデッキが整備されており、周囲のビルに直結しています(上掲の写真は北口のもの)。

小田急とは同じ駅舎に入っていますが、JRが橋上駅舎の2階にあるのに対して小田急は頭端式ホームの先に駅舎があるため、フロアを移動する必要はあります。

停車列車 [2013年4月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

横浜-国府津間開業当初からの駅。

  • 【1887年7月11日】 横浜(現、桜木町)-国府津間が開通した際に開業。
  • 【1969年9月30日】 湘南貨物駅開設とともに、この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1980年6月】 橋上駅舎供用開始。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅になります。

周辺の見どころ

遊行寺(ゆうぎょうじ)

駅北口から北東へ徒歩15分。旧藤沢宿に位置する時宗総本山の大寺で、14世紀初頭、呑海上人によって開山。寺宝は宝物館にて、不定期に一般公開されている。アヤメの咲く中庭が美しいほか、天然記念物の大イチョウがあり、ゆったりとくつろげる空間になっている。

《乗り換え》小田急-江ノ島線江ノ島電鉄

2014年5月6日(最終更新)

このページの先頭へ