橋上駅舎からフラットに出入り

東戸塚

ひがしとつか Higashitotsuka
東戸塚駅
▲東戸塚駅西口《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

横須賀線の列車のみ停車

東戸塚駅ホーム
【写真1】東戸塚駅ホーム。《2006年5月6日撮影》

保土ヶ谷駅と同様、線路名称上は東海道本線の駅ですが、東海道線の列車は停車せず、横須賀線の列車のみが停車します。この保土ヶ谷と東戸塚の両駅は、東海道線と横須賀線がそれぞれ別個の複々線となっており、東海道線の線路にはホームが設けられていません。なお、横須賀線の線路を走る列車でも、大船以遠で東海道線へ進む湘南新宿ラインの列車は通過します。

東西で高さが違います

東戸塚駅西口駅前広場
【写真2】東戸塚駅西口駅前広場。駅直近にマンションが並んでいます。《2006年5月6日撮影》

島式ホーム1面2線から成り、その東側を東海道線が、西側を東海道貨物線が走っています。駅舎は橋上に設けられていますが、西側はホームよりも土地が高くなっているため、改札とほぼ同じ高さに西口があります。西口にはマンションが建ち並んでいるほか、スーパーが立地しています。

東口にはペデストリアンデッキが整備

東戸塚駅東口
【写真3】東戸塚駅東口。《2006年5月6日撮影》

いっぽう東口には大きな駅前広場が整備されており、駅改札から延びるペデストリアンデッキが、向かいにあるダイエーおよび西武百貨店の入る商業施設「オーロラモール」と直結しています。

停車列車 [2013年4月現在]

横須賀線系統のみが停車し、東海道線系統は通過します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

ニュータウン開発に伴い設置された、比較的新しい駅。駅の設置誓願は大正時代から行われていたといわれます。

なお、開業当時は「保土ヶ谷・戸塚間及び横浜羽沢・戸塚間に、駅を設置」とされ、東戸塚-戸塚間は東海道線本線および東海道貨物線の二重戸籍となっていました。これは、国鉄分割民営化の際に東海道貨物線が「鶴見-横浜羽沢-東戸塚」とされることによって改消しています。

  • 【1980年10月1日】 開業。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅になります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年5月4日(最終更新)

このページの先頭へ