改札口には大きなちょうちんが

小田原

おだわら Odawara
小田原駅
▲小田原駅駅舎《2005年6月26日撮影》

STATION PROFILE

橋上駅舎化によって改札口は1カ所に

小田原駅改札口
【写真1】小田原駅改札には、巨大なちょうちんがぶら下がっており、目印になっています。《2005年6月26日撮影》

島式2面4線から成る地上ホームを備えています。かつては、駅構内は長い地下道で東西を結んでいましたが、2003年3月30日から駅舎が橋上化され、東西自由通路(アークロード)に面して設けられるようになりました。改札の上には、リニューアル以前から名物だった巨大な小田原ちょうちんがぶら下がっています。改札は、このほかに新幹線連絡改札口がありますが、小田急との連絡改札口はありません。

旧駅舎はモダンなつくりでした

小田原駅旧駅舎
【写真2】トンガリ屋根のコンパクトな駅舎は観光地の玄関口として好適でしたが、橋上化に伴い姿を消しました。《1992年4月26日撮影》

かつての駅舎は、トンガリ屋根と丸い小窓を備えたしゃれたものでしたが、駅舎橋上化と駅前再開発に伴って姿を消しています。当時は、小田急の改札も地下通路内にあったほか、南北の通行が困難だったこともあり、北口の整備が遅れていました。

旧駅舎の跡地には、駅ビル「小田原ラスカ」が入っています。

小田原の駅前は繁華街になっており、再開発によって道路などはきれいになったものの、旧態依然の土産物屋がずいぶんと目立ち、地元の需要を喚起するような商店に乏しく、あまり活気を感じられませんでした。

停車列車 [2014年4月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1920年10月21日】 熱海線の国府津-小田原間が開通、開業。
  • 【1964年10月1日】 東海道新幹線東京-新大阪間が開通し、小田原駅が設置されます。
  • 【1970年5月19日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年3月31日】 貨物営業を再開。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、在来線はJR東日本およびJR貨物の駅に、新幹線はJR東海の駅になります。

周辺の見どころ

小田原城址公園

コメント準備中。