もとは映画の町として発展

大船

おおふな Ofuna
大船駅
▲大船駅東口《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

駅ナカが非常に充実

大船駅西口
【写真1】大船駅西口。《2006年5月6日撮影》

東海道本線と根岸線、横須賀線が合流する、交通の要衝です。駅の所在地は公式には鎌倉市となっていますが、駅の北側は横浜市栄区に入っています。

島式ホーム5面10線から成る大規模駅で、熱海方と東京方にそれぞれ橋上駅舎が設けられています。このうち熱海方の駅舎がメインとなっており、「みどりの窓口」があるほか、改札脇には駅弁「鰺の押寿司」の販売所があります。熱海方改札からは、東口と西口の2方向の出口があります。

東口と直結して商業施設「ルミネウィング」があるほか、古くからの商店街も健在で、新と旧が奇妙につながった景観を形成しています。また、湘南モノレール大船駅への連絡ルートにもなっています。松竹の撮影所が設置されたことで発展した地区ですが、現在は鎌倉女子大学のキャンパスとなっています。三菱電機や資生堂などの工場もあり、多様な表情を見せます。

いっぽう東側は、やや雑然とした小商店が並んでいます。駅前をすぐ柏尾川が流れ、その対岸が丘陵になっているという、大きな発展が難しい地形になっていることが原因でしょうか。鎌倉観音へのアクセス口となっています。かつては、西口のすぐ北側に、ドリームランドへ延びるモノレールの駅があり、線路などの施設が長期間にわたって放置されていましたが、現在では撤去が進んでおり、大船駅周辺からは痕跡が姿を消しつつあります。

このほか、東京方の橋上駅舎には「笠間口」という新しい出口が新設されており、改札内には「Dila大船」という駅ナカのショッピングセンターが形成されています。

停車列車 [2013年4月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

「大船」の地名は、鎌倉時代の「粟船」が転じたものとされます。

歴史

東海道線開通後に開業しました。その後、横須賀線が1889年6月16日に、根岸線が1973年4月9日に開通しています。

  • 【1888年11月1日】 開業。
  • 【1888年11月1日】 大船-横須賀間の路線が開業、分岐駅となります。
  • 【1894年5月25日】 貨物営業を開始。
  • 【1972年8月20日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1973年4月9日】 根岸線の洋光台-大船間が開業、全通。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅になります。

周辺の見どころ

大船観音【未訪】

コメント準備中。

県立フラワーセンター【未訪】

コメント準備中。

常楽寺

駅東口から東へ徒歩12分。臨済宗建長寺派に属し、北条時頼が蘭渓道隆を招いて開山した寺で、北条泰時の墓があります。現在の伽藍はこぢんまりしていますが、堂宇はみな茅葺きで、名刹の雰囲気が漂っており、駅周辺の喧噪が嘘のように静か。梵鐘は国指定重要文化財。

《乗り換え》湘南モノレール

2006年6月6日(最終更新)

このページの先頭へ