跨線橋が工場と直結

浜川崎

はまかわさき
Hamakawasaki
浜川崎駅
▲浜川崎駅《2006年5月6日撮影》
鶴見線浜川崎駅ホーム
【写真1】鶴見線浜川崎駅ホーム。出口は跨線橋の左側で、南武線の浜川崎駅は道路を挟んで反対側にあります。《2006年5月6日撮影》

貨物線に間借りしているような駅が多い鶴見線ですが、浜川崎もその例に漏れません。南武線との乗換駅ですが、南武線乗り場とは道路を隔てて別々の場所にあるため、乗り継ぐにはいったん駅の外に出る必要があります。

ホームは島式1面2線ですが、このほか北側に側線が2本あり、また扇町方面で南武線の貨物線と合流しています。ホームは狭いものですが、なかなかにしっかりした屋根が設けられています。

鶴見線浜川崎駅自動券売機
【写真2】自動券売機スペース。もとは詰め所として使われていたものと思われます。左側が一般出口、右側はJFEスチールの専用通路へ通じています。《2006年5月6日撮影》

駅舎と呼べるものはなく、跨線橋に自動券売機と簡易Suica改札機が設置されています。この跨線橋の向かって左側が出口で、右側はJFEスチールの工場へ向かう専用通路へつながっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

南武線:浜川崎を参照のこと。

歴史

鶴見臨港鉄道の最初の区間として、1926年3月に弁天橋-浜川崎が開業しました。臨港鉄道時代は貨物駅でしたが、1943年7月1日に国有化された際、隣接していた渡田(わたりだ)駅を併合する形で旅客営業を開始しています。なお、南武線の前身である南武鉄道が国有化されたのは1944年4月1日で、この際に両駅が同一駅扱いとなりました。

周辺の見どころ

特になし。

【鶴見線】 鶴見国道鶴見小野弁天橋浅野安善武蔵白石浜川崎昭和扇町

《乗り換え》南武線

2006年6月1日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲