工場に囲まれた駅

大川

おおかわ
Okawa
大川駅
▲大川駅駅舎《2007年4月22日撮影》
大川駅ホーム
【写真1】大川駅ホーム。ホームは1面1線だけですが貨物列車の入線があり、少なくとももう1線は現役のようです。《2007年4月22日撮影》

武蔵白石で分岐した大川行きの列車は、工場に囲まれながら道路に平行して進み、運河を渡って、終端駅である大川駅に到着します。この区間の列車は非常に少なく、平日は朝ラッシュ時に5本、夕方ラッシュ時に6本のみで昼間時間帯の運行は皆無、土日にいたってはわずか3本という閑散区間です。列車がなくても武蔵白石まで徒歩12分ほどなので、大きな不便はないのでしょう。

旅客駅としては狭いホームと1線のみというごくシンプルなものです。ホーム南端に木造のごく小さい駅舎がありますが、封鎖されてかなりたっているようで、自動券売機と簡易Suica改札機が設置されているのみです。

大川駅南側踏切
【写真2】大川駅の南側には遮断機のない踏切があり、線路の東西を横断できます。《2007年4月22日撮影》

大川駅の西側、東側にはともに工場が建ち並んでおり、特に東側には規模の大きい大川工業団地があります。鉄道利用客の大半は工場勤務者と思われ、このため駅東側にある工場への通勤の便を図ってか、ホームより少し先に踏切があります。踏切を設置したというよりは、鉄道敷地内を横切ってしまう通勤客の行動を容認した結果こうなったようにも見えます(実態は未確認)。

駅の東側には昭和電工の工場があり、同工場へと専用線が延びています。

駅名の由来

確認中。

歴史

鶴見臨港鉄道が弁天橋-安善町(現在は安善に統合)-浜川崎および安善町-大川を貨物専用鉄道として開通させた際、支線の末端駅として設置されました。同鉄道が旅客営業を開始した1930年10月に、大川駅も客扱を開始しています。一部史料では「日清」と表記されていますが、これは単に「日清製粉工場最寄り駅」であることを示しているに過ぎず、正式名称には変更はないとみてよいでしょう。

周辺の見どころ

確認中。

【鶴見線】 武蔵白石大川

2007年5月22日、写真を差し替えおよび追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲