丘陵地帯の中にある駅

相原

あいはら Aihara
相原駅
▲相原駅《2007年9月2日撮影》

STATION PROFILE

相対式ホーム2面2線

相原駅ホーム
【写真1】相原駅ホーム。《2007年9月2日撮影》

相対式ホーム2面2線に、大柄な橋上駅舎を構える駅です。駅舎はほぼ直線のみで構成されており、どことなく積み木細工を思わせるスタイルです。

丘陵地帯のただ中に位置していることもあり、駅前はあまり広くなく、回転場がある程度です。駅周辺は新興住宅地になっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1908年9月23日】 横浜鉄道によって東神奈川-横浜間が開業した際、相原駅開業。
  • 【1917年10月1日】 横浜鉄道の国有化に伴い、国有鉄道(内閣鉄道院)横浜線の駅となります。
  • 【1958年10月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

2014年5月14日

このページの先頭へ