京王相模原線と平行に並ぶ

橋本

はしもと Hashimoto
橋本駅
▲橋本駅西口《2003年5月10日撮影》

STATION PROFILE

乗り換え利用者が多数

JR2線と京王相模原線とが分岐する、相模原市北部の交通の要衝をなす駅です。

横浜線と相模線の乗換駅で、基本的には全列車が停車します。相模線の列車は、一部が横浜線に乗り入れて八王子まで走ります。ホームは地平にあり、3面5線から成ります。

京王とはコンコースが同一平面上に位置しており、ビルの中でつながっているため、少し距離はあるものの傘を差さずに移動することができます。

中央リニア新幹線の駅設置有力候補地になっています。

停車列車 (2014年5月現在)

横浜線の快速が停車します。なお、快速は橋本以北では各駅に停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1908年9月23日】 横浜鉄道によって東神奈川-横浜間が開業した際、橋本駅開業。
  • 【1917年10月1日】 横浜鉄道の国有化に伴い、国有鉄道(内閣鉄道院)横浜線の駅となります。
  • 【1931年4月29日】 相模鉄道によって厚木-橋本間が開業し、接続駅となります。
  • 【1944年6月1日】 相模鉄道相模線の国有化に伴い、横浜線と相模線の分岐駅となります。
  • 【1958年10月31日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
  • 【1990年3月30日】 京王によって南大沢-橋本間が開業し、接続駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》京王-相模原線

2014年5月14日、加筆修正

このページの先頭へ