乗客の多くが入れ替わる駅

町田

まちだ Machida
町田駅
▲町田駅北口《2004年9月1日撮影》

STATION PROFILE

出口は南北に

町田駅北口改札口
【写真1】町田駅北口改札口。《2004年9月1日撮影》

小田急線との接続駅である町田駅は、非常に多くの旅客が入れ替わる駅です。

駅の北口と南口にそれぞれ駅ビルが隣接しているほか、駅前のデパートとはペデストリアンデッキで結ばれており、町田市の繁華街に位置しています。

かつては、現在の南口の位置にありましたが、橋上駅舎化に際して小田急に近い現在位置に移転しました。移転前は商店街の中を多数の乗り換え客がぞろぞろと移動していたといいますが、これに伴って小田急との乗り換えがスムーズになっています。

町田は東京都に属していますが、相武・南多摩地区の中心地区としての役割も担っており、特に町田駅前は一大商業拠点となっています。

停車列車 [2014年5月現在]

快速が停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

かつては現在の南口付近に駅がありました。

  • 【1908年9月23日】 横浜鉄道によって東神奈川-八王子間が開業した際、「原町田」駅開業。
  • 【1917年10月1日】 横浜鉄道の国有化に伴い、国有鉄道(内閣鉄道院)横浜線の駅となります。
  • 【1972年3月4日】 この日かぎりで貨物営業廃止。
  • 【1980年4月1日】 八王子方に移転および橋上駅舎化。この際、駅名を「町田」に改称。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》東急-小田原線

2014年5月13日

このページの先頭へ