前後をトンネルに挟まれた駅

田浦

たうら Taura
田浦駅
▲田浦駅西口《2005年4月10日撮影》

あちこち無骨なつくり

田浦駅東口
【写真1】田浦駅の東側は工場地帯になっています。《2005年4月10日撮影》

前後をトンネルに挟まれているという、起伏の激しい横須賀の地形を象徴するような駅です。このため、ホーム延長に限界があり、長い編成の列車が停車した場合、編成の一部がトンネルの中に入ったままとなり、トンネル内の車両はドアを開けないという現象が見られます。

米軍や海上自衛隊の基地が近いせいなのか、どことなく重厚な造りに感じられます。ホームは地上島式で、改札は橋上部分に設けられています。また、側線が1本あり、かつては専用線経由で貨物輸送が行われていました。

海側には自動車関連工場が広がっているほか、マンションも建っています。一方、山側は住宅地。柱や梁が古めかしい。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1904年5月1日
開業。
2006年4月30日
この日かぎりでJR貨物田浦駅廃止[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR貨物プレスリリース「貨物駅の廃止及び呼称の統一について」[PDF](2006年3月16日)。

このページの先頭へ