時代に振り回されてきた駅

穴守稲荷

あなもりいなり
Anamoriinari
穴守稲荷駅駅舎
▲穴守稲荷駅駅舎《2003年6月14日撮影》
穴守稲荷駅ホーム
【写真1】穴守稲荷駅ホーム。《2009年9月23日撮影》

大鳥居を出ると京急空港線は再び地上へ出、首都高速横羽線をアンダークロスすると、ほどなく穴守稲荷駅に到着します。終戦後の米軍占領期や羽田空港整備の際に、一時期暫定終着駅となっていたこともありますが、現在ではそのおもかげはありません。

相対式ホーム2面2線から成る地平駅です。駅本屋は下りホームの羽田空港方にあり、上りホームとの間は跨線橋で連絡しています。駅周辺は古くからの住宅街で、ホームのすぐ脇まで家屋が密集していることもあってホーム幅は頼りなく、特に京急蒲田方は非常に狭小になっているため、快特が通過する際には注意が必要です。なお、この跨線橋はかつて橋上駅舎として使われていたものを、駅舎部分を取り壊して改札内部分のみを再活用しているものです。

駅舎は六角形の形状の玄関を備えており、その真正面には穴守稲荷を意識した鳥居がそびえています。駅周辺は鳥居前町として、商店街がずらりと並んでいます。

穴守稲荷駅は、この先で地下に入り、羽田地区に入っていきます。かつて、初代の羽田空港駅があった部分の土地は駐車場に転用されており、天空橋の手前まで続いています。

停車列車 [2010年10月現在]

特急以下の列車が停車します。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

穴守稲荷から先の各駅は変転(移転および休廃止)が激しく、このため文献によって開業日がまちまちですが、ここでは1946年8月15日に設置された稲荷橋駅(三代目)を現在の穴守稲荷駅を同一駅と見なします。なお、それ以前の稲荷橋(二代目)、穴守(初代)、羽田(初代)、稲荷橋(初代)、羽田空港(初代)の各駅についても略述します。

周辺の見どころ

穴守稲荷

穴守稲荷

駅から北へ、徒歩3分。羽田地区の住民を中心に信仰を集めている稲荷神社です。もとは羽田地区にありましたが、終戦直後に米軍により羽田地区から強制退去命令を受け、現在地に移転しました。境内は比較的広く、ネコが多く見られます。神社の周辺には雑居ビルや町工場が多く並んでおり、もの作りの町として知られる大田区らしい光景が広がっています。参拝自由。

【写真】穴守稲荷。2010年10月23日撮影。

 

▲ このページの先頭へ ▲