新大津駅
▲新大津駅舎《2009年9月23日撮影》

新大津駅跨線橋より三崎口方面を望む

【写真1】新大津駅跨線橋より三崎口方面を望む。快特列車が到着しています。《2009年9月23日撮影》

堀ノ内からわかれた久里浜線最初の駅で、横須賀高等女学校(現在の県立横須賀大津高校)への最寄り駅として開業した駅です。もっとも「わかれた久里浜線」といっても、運転系統では、品川方面からの優等列車は基本的には久里浜線に直通し、堀ノ内から浦賀方面が支線扱いになっています。

相対式ホーム2面2線から成り、駅本屋は上りホーム脇にあり、下りホームとの間は跨線橋で連絡しています。

 

新大津駅跨線橋より堀ノ内方面を望む

【写真2】新大津駅跨線橋より堀ノ内方面を望む。正面に見えるのは県立横須賀大津高校。《2009年9月23日撮影》

駅の周辺には現在でも山林が多く残っており、また横須賀市の市街地付近に比較すると坂の勾配も比較的ゆるやかで、落ち着いた雰囲気が漂っています。なお、駅の売店をコンビニ風のウォークイン式店舗とし、販売を駅係員が対応するというスタイルが京急では一般的になっていますが、その第一号になった駅でもあります。

停車列車 [2010年1月現在]

京急ウイング号以下、すべての列車が停車します。

乗り場

東側(駅本屋の反対側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。なお開業時の「鳴神」は、東京急行電鉄社長の五島慶太により、戦意昂揚をはかるために付された駅名でした。

歴史

周辺の見どころ

確認中。

2010年1月2日

▲ このページの先頭へ ▲