花月園前駅
▲花月園前《2003年6月14日撮影》

花月園前駅ホーム

【写真1】花月園前駅ホーム。《2009年9月23日撮影》

京急本線の品川から横浜までの区間はJR東海道本線とほぼ平行に走っていますが、京急鶴見より南の区間ではJRと完全に併走するようになり、駅もぴったりと寄り添うような形になります。その最初の駅に当たるのが、花月園前です。

相対式ホーム2面2線から成る駅で、品川方でカーブを描いています。駅舎は橋上に設けられています。

改札を出て左手に向かい、JR線をわたった北西側には花月園競輪場があり、競輪開催日には賑わいを見せます。

 

停車列車 [2009年10月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

海側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

花月園は1914年4月に開園した児童遊園地「花月園公園」に由来します。同園は、パリのフォンテーヌブロー遊園地に感銘を受けた新橋の料亭「花月」の主人、平岡広高が私財を投じて設けたもので、子供の遠足やピクニック、あるいは散策地などとして利用されていました。花月園と京浜電気鉄道は協定を結び、電車運賃や入園料金の割引を行っていたとのこと。花月園は昭和不況のなか、株式会社化と京浜への事実上の譲渡により存続を期すも、1939年11月に閉園に追い込まれましたが、駅名は変わることなくそのまま使用されています[1]

歴史

花月園開園にあわせ、同園の費用負担で設置された駅です。

周辺の見どころ

コメント準備中。


  1. 小川功「京浜急行電鉄グループの系譜―戦前期の京浜・湘南電気鉄道の株式投資を中心に―」『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、No.656(1998年7月臨時増刊号)、118-120頁。

2003年6月16日
2009年10月11日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲