京急蒲田駅
▲京急蒲田駅東口《2003年6月14日撮影》

京急蒲田駅南東側踏切

【写真1】京急蒲田駅南東側踏切。《2003年6月14日撮影》

京急本線から空港線が分岐する駅です。

橋上駅舎と2面3線のホームを持つ。羽田線方面の乗り場は東側のホーム1本のみなので、方向に関係なく羽田線乗り入れ列車がすべて単一のホームに出入りするため非常に列車の密度が高くなっています。

 

京急蒲田駅上りホーム

【写真2】京急蒲田駅上りホーム。《2007年4月22日撮影》

京急蒲田駅のすぐ南東側には羽田線が国道16号線を横切る踏切があり、写真のように大型の電車がそろりそろりと踏切をわたる様は圧巻ですが、交通渋滞の一要因ともなっています。またこの区間は単線となっているうえ急カーブで蒲田駅へと入るために列車が減速を余儀なくされ、蒲田駅構内が狭隘であることも相まって輸送上のボトルネックとなっています。このため、現在高架化工事が行われています。

JRおよび東急の蒲田駅とは700mほど離れています。戦前からこの間を結ぶ鉄道線の計画はありますが、実際に建設が着手されたことは一度もありません。

 

乗り場

駅名の由来

コメント準備中。

歴史

開業当初は単純に「蒲田」を名乗りましたが、1925年11月に「京浜蒲田」と改称し、さらに1987年6月1日には「京急蒲田」と改称しました。

周辺の見どころ

特になし。

《乗り換え》JR東日本-東海道本線:蒲田東急-池上線ほか

2003年7月27日
2007年8月22日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲