仲木戸駅
▲仲木戸駅駅舎《2009年9月23日撮影》

仲木戸駅ホーム

【写真1】仲木戸駅ホーム。《2009年9月23日撮影》

相対式ホーム2面2線が築堤上に設けられています。神奈川県内の旧京浜駅としてはかなり幅がゆったりしていますが、これは戦前に追い抜き線2線を中に通していたものを、戦時中に撤去して配線を単純化したためです[1]

駅舎は築堤の北側(山側)にあり、1階と2階にそれぞれ別々の改札が設けられるというスタイルになっています。駅舎が2階建てになっているのは珍しくありませんが、その多くは2階部分が職員の宿直室など業務スペースとして使われているもので、線路およびホームから見て同じサイドの2フロアにそれぞれ改札が設けられているという駅は、ターミナルデパートを併設しているような大規模駅をのぞけば珍しく、ほかにはほとんど例を見ません。

 

JR東神奈川駅方面から仲木戸駅を望む

【写真2】JR東神奈川駅方面から仲木戸駅を望む。《2009年9月23日撮影》

従来のメイン改札だった1階は無人化され、広いスペースを持ちながら現在では自動券売機と自動改札機のみとなっています。改札からは中2階の地下道を経由して上下ホームにそれぞれ出ることができます。

いっぽう、現在メイン改札となっている2階には駅員が配置されており、JR東神奈川駅へつながるペデストリアンデッキと直結しています。こちらは上りホームのすぐ脇にあり、上りホームとの間は短い階段およびスロープで連絡しているため利用は便利ですが、下りホームとの間は前述の中2階通路を通って反対側に向かう必要があります。

 

停車列車 [2009年10月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

駅本屋の反対側(南側=海側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

コメント準備中。

歴史

京浜電気鉄道神奈川開通時に開業した駅です。

周辺の見どころ

コメント準備中。

◆ 訂正 ◆


  1. 長谷川弘和「京急100周年をめぐるエピソード・アラカルト 横浜市内の主要駅の変遷」『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、No.656(1998年7月臨時増刊号)、129頁。

《乗り換え》JR東日本-東海道本線:東神奈川(徒歩2分)

2003年6月16日
2009年11月5日、記述訂正、写真を差し替えおよび追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲