生麦駅
▲生麦駅《2003年6月14日撮影》

生麦ホーム

【写真1】生麦駅ホーム。左側に見えるのが下り通過線とそのホームです。《2009年9月23日撮影》

商店が密集している中に設けられている駅です。

片面ホームと島式ホームから成り、島式ホームの両側を上下線がそれぞれ使っているほか、片面ホームは下り線の通過線として使われるという、変則的なスタイルになっています。2つのホームは若干ずれており、島式ホームは片面ホームに比べて品川方に位置しています。このようになったのは、用地の確保が困難ななかでなんとか待避設備を備えるための苦肉の策を取ったためでしょう。

橋上駅舎で、改札内コンコースは島式ホームの中ほどまで延びています。出口は駅の東西に設けられており、西口からはJR東海道本線を跨ぐ通路とつながっています。

生麦の地名は、幕末の文久2年、島津藩の大名行列を騎乗で横切ろうとした英国人に対し、同藩藩士が斬りつけた「生麦事件」で知られるようになりました。現在ではむしろ、首都高速道路横羽線から同湾岸線へ抜けるジャンクションの名前で知られています。

麒麟麦酒の横浜工場の最寄り駅です。なお、戦前には同工場の至近に「キリンビール前」なる駅が設けられていましたが、1944年10月20日には奢侈品たるビールを取り除いた「キリン」という、意味不明の駅名になっていました。ほどなくして営業休止、のちに1949年6月30日をもって正式に廃止されています。

 

停車列車 [2009年10月現在]

普通列車のみが停車します。なお、京急蒲田以南に急行が運転されていたときは、急行停車駅でした。

乗り場

通常は島式ホームの両側を使用し、待避線のホームはあまり使われていません。東側(海側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

駅名の由来

コメント準備中。

歴史

京浜電気鉄道神奈川開通時に開業した駅です。

周辺の見どころ

コメント準備中。

2003年6月16日
2009年10月12日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲