新逗子駅北口
▲新逗子駅北口駅舎《2009年9月23日撮影》

新逗子駅ホーム

【写真1】新逗子駅ホーム。かつての湘南逗子、逗子海岸両駅のちょうど中間部分にホームが設けられた形になります。《2009年9月23日撮影》

京急逗子線の終着駅です。もともと、逗子市内には「湘南逗子」「逗子海岸」という2つの駅があったのですが、この両駅はわずか400mほどしか離れていなかったため、1985年3月に両駅を統合する形で新逗子駅が新設されました。このように間の距離が短い2つの駅を新駅に統合するのは珍しいのですが、京急ではほかに新馬場があります。なお、他社では京王の駒場東大前、南海の岸里玉出などがありますが、これらはいずれも統合駅であると推測しやすい合成駅名になっています。京急では非常に自然な駅名になっており、少なくとも地図上では違和感がまったくないのが特徴でしょう。

 

新逗子駅ホームを道路側から望む

【写真2】新逗子駅ホームを道路側から望む。《2009年9月23日撮影》

逗子線は基本的に全線が複線になっていますが、新逗子駅に入る直前で単線となり、そのまま1面1線となっています。このため、入ってきた電車がそのまま折り返すというスタイルなので、入ってきた列車は乗客を乗せるとすぐに発車してしまい、滞留時間はごく短くなっています。

ホームの両側に出口があります。北口は、ホームの北端から階段を上り、道路をオーバークロスした先の駅ビルにつながっています。いっぽう南口は、ホーム南端の先、こちらは地平に設けられています。いずれにもそれぞれ別々の駅舎と改札口があり、おのおのの出口に駅員が配置されています。

 

新逗子駅北口改札口

【写真3】新逗子駅北口改札口。《2009年9月23日撮影》

北口には鉄筋3階建ての駅ビル「新逗子Neat(ニート)」があり、改札口はその3階にあります。改札口からホームまでの間はドーム上の屋根を持つコリドールになっており、側壁の窓からは逗子市役所が見えます。

この北口はかつて湘南逗子駅があった位置に設けられています。JR逗子駅への連絡は、この北口から300mほどの距離となります。

 

新逗子駅南口駅舎

【写真4】新逗子駅南口駅舎。《2009年9月23日撮影》

南口には、北口とは別に鉄筋平屋建ての駅舎が設けられています。この駅舎は、湘南電気鉄道時代の湘南逗子駅のものを模したものといわれています。天井が非常に高く、ゆったりしているのが特徴です。

 

新逗子駅西口駅舎内

【写真5】新逗子駅西口駅舎内。《2009年9月23日撮影》

かつては逗子から先、葉山までの延長が計画されていましたが、実現することなく免許は失効しており、延伸の見込みはなくなっています。

停車列車 [2009年12月現在]

終着駅なので当然ながら、全列車が停車します。

乗り場

片面のみですが、ホームには1番線の表示があります。

駅名の由来

確認中。

歴史

かつてあった2つの駅が統合されてできた駅ですが、ここでは両駅の歴史を同じ軸で記しました。

周辺の見どころ

確認中。

2010年1月1日、写真を差し替えおよび追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲